多少高くても便利なら使うのが育児を楽にするポイント ベビーグッズ 選び方

ベビーグッズの選び方!

世の中に数多く存在する育児グッズ。

 

5歳と2歳の子どもがいますが、この数年の間でも新商品がいくつも出てきて、すでに持っているのに欲しいと思ったことが何度あったか・・・。

 

 

そんな育児グッズで、私が特におすすめしたいもの3つをご紹介します。

 

 

 

抱っこひも(おんぶ兼用)

 

大人の思うようには寝てくれない赤ちゃん。

 

家事をするのに欠かせないのが抱っこひも。

 

 

家事をするなら、おんぶもできるものを選んだほうが良いです。

 

おんぶをしていれば、いつのまにかグッスリ・・・なんてオマケつきで、気持ちに余裕が持てました。

 

 

私は肩こり症なので、肩ベルトと腰ベルトの2点で支えるものを選びました。

 

持ち運びしやすいように、コンパクトに収納できるものを選ぶとお出かけも苦になりません。

 

 

 

バウンサー

 

赤ちゃん用のゆらゆら揺れるチェアーです。

 

私はベビービョルンを使っていました。

 

 

食事のときにも使えますし、ちょっと手を離したいときにもすわらせておけば、自分でゆらゆら揺れてくれてご機嫌に過ごしてくれました。

 

一番役に立ったのがお風呂のとき。

 

 

夫は仕事で不在にすることが多かったので、自分ひとりでお風呂入れは当たりまえ。

 

脱衣所にバウンサーを置き、赤ちゃんはそこで待機してもらい、ダッシュで自分の体を洗っていました。

 

 

お風呂あがりもバウンサーにバスタオルを置いておけばすぐに子どもをくるめるので便利でした。

 

 

 

ベビーベッド

 

いらないという人も多いですが、第2子のときは特に役に立ちました。

 

わが家のベビーベッドは赤ちゃんが寝るところが若干高めに設定できます。

 

 

オムツ替えをするときに、不自然に腰を曲げなくて済んだので、産後はとっても楽でした。

 

第1子は添い寝をしないと寝ず、ベビーベッドに置くと泣きだしてしまう子だったので、「なんだー。ベビーベッドいらないじゃん〜」と思ってました。

 

 

大活躍したのは第2子のとき。

 

下の子が生まれたとき、上は2歳半。

 

 

走り回るわ暴れるわ、とにかく言うことを聞きません。

 

床で布団に寝かせているとヒヤヒヤものです。

 

 

ほこりも立ちますし。

 

上の子の世話をするときに、ちょっと下の子はベビーベッドに・・・と、サークル代わりにも使えてとっても便利でした。

【⇒激安ベビー服通販サイトランキング!】


 
     


おすすめサイト!

【授乳服に見えないミルクティーのお洒落な授乳服】

ベビーベッドの激安人気ランキング!